サッシ・窓 通販専門サイト|アルミサッシマーケット

当店では以下の商品を取り扱っております

1枚でも複数セットでもお気軽に! 複数まとめて割引も実施中

ご不明な点は以下よりお気軽に!

サッシ・窓 通販専門サイト | アルミサッシマーケット

アルミサッシマーケット

  • トステム全商品取扱店
  • 多彩なお支払い方法
  • 全国送料無料

    北海道、沖縄、一部離島は除く

当店へのお問い合わせはコチラから

臨時休業のお知らせ

平素より建材ストアグループをご利用いただき誠にありがとうございます。
社内行事ため8月23日(火)~8月24日(水)は臨時休業とさせていただきます。
お客様にはご迷惑・ご不便をおかけいたしますが何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

トップページ > キャンペーン・特集一覧 > Low-Eガラス特集

 

当サイトのLow-E複層ガラス対応商品は以下の通りです。

引違い窓 引違いテラス 面格子付引違い窓 シャッター付引違い窓 上げ下げ窓 面格子付上げ下げ窓 縦すべり出し窓
 

 

 

Low-E(ローイー)という名前、なかなか聞きなれない、聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。
Low-Eガラスとは、通常のガラスの片側表面に非常に薄い特殊金属膜をコーティングしたガラスのことをいいます。
Low-Eガラスは、Low Emissivity(低反射)=熱の放射率(入る、逃げる)を低く抑える点が特徴で、簡単にいうと太陽からの直接受ける日差しを和らげる効果 のあるガラスです。

 

 

 

 

窓においては、室内に入る熱と、外へ逃げる熱の2種類があります。
そのためLow-E複層ガラスには、2つのタイプがあります。

 

【遮熱型】


特殊金属膜効果で、室内の明るさはそのままに、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。

【断熱型】


暖房熱の最大の逃げ道は窓。複層ガラスの優れた断熱性能は、室内の熱を逃げにくくし、また窓面の冷え冷え感を減らして、快適な室内環境にします。断熱サッシと組み合わせてのご採用が一段と効果を高めます。

 
ガラス種類 遮熱高断熱
複層ガラス
(グリーン)
高断熱
複層ガラス
(シルバー)
一般複層ガラス 単板ガラス
遮熱高断熱複層ガラス(グリーン) 高断熱複層ガラス(シルバー) 一般複層ガラス 単板ガラス
特殊金属膜効果で、
夏は強い日差しをカット。
冬は室内をより暖かに保ちます。
特殊金属膜と中空層の
ダブル効果で室内
を暖かに保つので、
寒冷地に最適です。
2枚のガラスの間に
密封された中空層が、
ガラス面の冷えを防ぎ、
結露を抑えます。
1枚板のガラスです。
既存窓との組み合わせで、
防音・断熱効果がアップします。
遮熱性能
日射熱取得率(η)
数値が小さいほど高性能です
0.42 0.65 0.80 0.89
断熱性能
熱貫流率(W/m2・K)
1.7 1.8 2.9 6.0
紫外線カット
紫外線カット率
81% 65% 40% 31%
防露性能
結露発生の外気温
-23℃ -20℃ -5℃ 8℃

※算出条件 トステム計算値 ○室内風速:自然対流 ○室外風速:6m/s ○冬のシミュレーション:室内20℃ 湿度60%
※1遮熱タイプ : 遮熱高断熱型Low-E複層ガラス仕様のインプラス
注)上記性能はガラスのみの性能です。既存窓、商品によって、実際の効果とは異なります。

 

 

 

しかしLow-Eにもデメリットが。

ここまでLow-E複層ガラスの良い点について、お話してきました。
しかし、Low-Eガラスも完璧ではありません。

2点、Low-Eが抱えるデメリットをご説明しておきます。

 

普通のガラスに比べて、透明感が落ちる

Low-Eガラスの仕組みでもご説明しましたように、ガラス表面に金属膜をコーティングしています。
そのため、やはり通常の透明ガラスに比べ、少し暗く、また色が付いたように見えます。

しかし最近では加工技術の進歩により、そこまで気にならなくなっているので、「言われてみればそうかも?」といった程度。見た目以上に効果があるので、言うまでもなくオススメです!

 

透明ガラスに比べ、高価である

ここが一番のネックになるかもしれません。通常の透明ガラスに、さらに金属膜コーティングを施しているため、比較すると単価が高くなります。

普通の複層(ペア)ガラスをLow-E複層ガラスに変えると、通常1枚あたり1万円〜1万5千円程高くなります。

利点はたくさんあり、ぜひすべての住宅に使用したいところですが、この金額差が普及を妨げています。

1枚ガラス、複層ガラス、Low-E複層ガラスの3種類のサッシで1年間冷暖房費がどれだけ違うかを試算したデータが以下の通りです。

 

すぐに分かるのは、やはり1枚ガラスと複層ガラスの違いだと思います。
近年では住宅用サッシでは複層ガラスが一般的となりました。しかし、それ以上に結果が出たのが「Low-Eガラス」です。

「夏涼しく、冬暖かい」Low-Eガラスは、非常に効果を発揮します!



 

当サイトのLow-E複層ガラス対応商品は以下の通りです。

引違い窓 引違いテラス 面格子付引違い窓 シャッター付引違い窓 上げ下げ窓 面格子付上げ下げ窓 縦すべり出し窓